だいぶ秋らしくなりました。

だいぶ秋らしくなり、食欲が増す今日この頃、白米がますますおいしくなってきますね。今日はキムチについてお話しします。キムチはとても栄養豊富なお漬物で、韓国が発祥ではありますがこの頃は日本全土にキムチが欠かせないものとなっております。キムチの語源は「沈菜(チムテェ)」で野菜の塩漬けを意味しています。キムチには身体にもっともよいとされる乳酸菌と食物繊維が豊富で、腸内環境を整え、インシュリンの分泌を促すなど、身体にいいことばかり。毎日食べることは体のためにとてもいいのです。保存方法についてですが、通常は0℃~10℃前後の冷蔵庫内で必ず密閉容器で保存してください。賞味期限についてですが、

漬物には「賞味期限」を表示しなければなりませんが、本当はキムチは日が経てば経つほど乳酸発酵が進み旨味が増します。酸味が出てくるのはその証ですね。しかし今の若い人は酸味を腐っているととらえる方が多いように感じられますが、酸っぱくなってしまったらごま油で炒めてみてください。豚のばら肉と炒め、最後にマヨネーズを鍋肌で乳化させていりごまを振ると、本当に美味しい豚キムチができます。ぜひ一度、作ってみてください。

白菜を食べてしまった後のヤンニョムは、納豆と混ぜて食べてみてください。実に美味しいですよ。乳酸菌の相乗効果で腸の働きがとてもよくなり、ダイエットにも効果がありますよ。ぜひ一度お試しあれ。

2019年10月08日